マーケティング

累計2000万部の大ヒットマンガ『キングダム』に学ぶ“高濃度シェア”の作り方

日本におけるマンガの文化的影響度、生活浸透度は素晴らしいものがあります。作品自体のジャンルもクオリティも多彩で、日本人だけでなく世界へも「MANGA」は大きな影響を及ぼしています。『ワンピース』『進撃の巨人』『テラフォーマーズ』など日本には今までもこれからも日々ムーブメントを作り出すマンガが生まれています。その中でも今回は、『週刊ヤングジャンプ』で連載されている累計2000万部以上の大ヒットマンガ『キングダム』をテーマに分析してみます。

READ MORE

「Netflix」に学ぶユーザーにお金を出してもらうためのマーケティングヒント

「Netflix」が2015年9月2日に日本でもローンチしました。2015年は映像や音楽における「サブスクリプションサービス元年」ともいえる年になったと思います。その中で、今回Netflixがローンチした前後の展開を見ていくと、今の時代にマッチしたマーケティングの手法が見て取れます。今回は、Netflixのマーケティング戦術を分析してみます。

READ MORE

Mr.Childrenから学ぶ新しい音楽との出会いにコンテクストデザインはどこまで価値があるのか?

Mr.Childrenのコンテクストデザインはこの時代に何をもたらすかのか?詞やメロディ、バンドとしての物語は何より必要です。そこに加え、コミュニケーションデザインの観点からもいま、物語は必要です。Mr.Childrenの一連のコミュニケーションデザインは、新しい音楽との出会いにおいてコンテクストデザインが重要であることを教えてくれます。

READ MORE

アテンションエコノミーにおけるAISASを実現するデジタルポップのシカケ

バンドAureoleがタワーレコード渋谷店限定でライブベストアルバム『Awake』を発売。それに伴い、タワーレコード史上でも例を見ない大々的なTwitterのハッシュタグを用いたO2O施策「Hashtag Awake」を実施。「デジタルポップ」という概念のもとで設計されたリアルとデジタルを掛けあわせたタワーレコード渋谷店をジャックします。

READ MORE

第二章:THE NOVEMBERSがドロップした新作アルバム「Rhapsody in beauty」で描いたマーケティングの全貌

THE NOVEMBERSが10月15日にリリースしたニュー・アルバム「Rhapsody in beauty」のマーケティングコミュニケーションの物語はブログ全3部作うち、今回は第2章になります。 前回の記事の続きになりますので、読まれていない方はまずはこちらからご覧ください。 THE NOVEMB […]

READ MORE

第一章:THE NOVEMBERSがドロップする新作アルバム「Rhapsody in beauty」で描いたマーケティングの全貌

THE NOVEMBERSが10月15日にニュー・アルバム「Rhapsody in beauty」をリリースします。今回のアルバムは「美」と「ノイズ」がテーマとして創られています。 同時に「パラレルワールド」というものが重要なモチーフとして作品を支えています。そして、この「パラレルワールド」は音楽を […]

READ MORE

U2とトム・ヨークから考える音楽マーケティング2.0

先日、U2がアップルと実施したニューアルバム「Songs of Innocence」の無料配信とトム・ヨークが突如トム・ヨークとBitTorrentoの連携したニューアルバム「Tomorrow’s Modern Boxes」はそれぞれ真逆の方法論でありながら、ともにテクノロジーを活用した音楽配信です […]

READ MORE

音楽ホテルから学ぶ”選択肢の尺度の変え方”

僕らが物事を何か選択するとき、何を基準にするでしょうか。 例えば、レストランなら美味しい料理や空間、内装、ホスピタリティだったりするでしょう。PCならスペックやデザイン、価格といった具合にです。しかし、それはかなり画一化されてきて、差別化を見出すことがとても難しくなりました。だからこそ、クチコミの有 […]

READ MORE

Aureoleが仕掛けるライブへ巻き込むサウンドシェアコード

ライブへの機会損失というのは、意外にも多いのではないでしょうか。多くの場合、コアファンがライトファンを巻き込むことは音楽マーケティングにおいて重要なポイントですが、その「巻き込み方法」というのは何も音源だけではありません。Aureoleが仕掛ける「サウンドシェアコード」はコアファンがライトファンを巻き込むために仕掛けた施策です。

READ MORE

『シェアCD』仕様のTHE NOVEMBERS新曲「今日も生きたね」に込められたメッセージ

THE NOVEMBERSが5月14日に10枚目のニューシングル「今日も生きたね」を発売。今回の新曲は『シェアCD』という仕様になっています。『シェアCD』は「誰でも」ではなく、あなたにとって大切な「ひとり」の人にこそシェアをしてほしい、その架け橋として本作があってほしい。そういったところから、生まれたものでした。

READ MORE

「アナと雪の女王」が成功をおさめた音楽マーケティング戦略の秘密

ディズニー映画「アナと雪の女王」の勢いが止まりません。興行収入は120億円を超え、動員数は1000万以上の人が映画館に足を運んでいます。加えてサントラや「Let It Go」も大きく売上を伸ばしています。 まさに「アナと雪の女王」はブームとなり、「世の中ゴト化」を達成しました。「アナと雪の女王」から […]

READ MORE

ビジネス目線でなく消費者目線の価格戦略が、音楽との関与度を高める

今の時代、音楽にお金を落としてもらうことは並大抵のことではありません。 特に若い世代を中心に音楽にお金を払うという意識や行動は減少しています。 しかし、多くの人は音楽を聴いているのです。お金を払う払わない関係なく。 昔から言っているように、音楽にお金を支払ってもらう前に、いかに音楽への関与度を引き上 […]

READ MORE

世界が惚れたニール・ヤングのハイレゾ音楽プレイヤーPono Playerが人を動かしたワケ

ニール・ヤングが設立した「Pono Music」はハイレゾ音源対応音楽プレイヤー「Pono Player」を発表しました。SXSWでもニール・ヤング本人が登場し、話題をさらったのも記憶に新しいです。 その「Pono Player」がこの度、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で出資 […]

READ MORE

Huluが教えてくれた生活者とマーケティングメッセージとのギャップ

Huluに学ぶマーケティングメッセージのギャップとは?音楽サブスクリプションサービスを日本で展開する上で必要なことはなにか?「MUSIC DISCOVERY」では生活者には刺さらない。フリーミアムも一定の武器でしかない。必要なのは「サブスクリプションサービスは音楽の聴き方として新しいスタンダードになる」というパーセプションチェンジと「音楽の新しい聴き方の素晴らしさや面白さ」をセットで提供すべきマーケティングです。

READ MORE

Spotifyだけが実行している「武器」の正体

2000万人以上のユーザーを抱える世界最大手音楽サブスクリプションサービスのSpotifyは、まさしく現在進行形でムーヴメントを起こしています。日本でもいよいよと言われ、2月のソーシャルメディアウィークではスポンサーを務め、ハッカソンなどを開催するなど待望論が生まれつつあります。 2014年1月現在 […]

READ MORE

新しい音楽の指標を作り出す

音楽をコミュニケーションツールとして復権させるためには、音楽アワードと音楽ランキングは重要な部分を担っています。そして、それは「戦略PR」やソーシャルメディアを活用して、世の中に「聴くべき、聴いておくべき曲」という意識変容を促す必要性があります。

READ MORE

1 2 >